HOMEMovabletypeカスタマイズ, ウェブログ > ツイッター自動投稿プラグイン

ツイッター自動投稿プラグイン

Movabletypeにおいて投稿した記事を告知する方法はRSSなどがあります。

RSSを使い各種のPingサーバーへ投げることが一般的です。

このころではTwitterをやっている方も多いと思います。

エントリー記事を親しい仲間やフォロワーにすぐ知らせることが出来ればアクセスも上がり、また有効な手段でしょう。

もちろんエントリー記事を書くたびにTwitterに投稿するのはちょっと面倒くさい。

そんな問題を一気に解決するプラグインがあります。

Twitterへのブログ更新プラグインPostTwiOAuth

MTOSで記事エントリした時に、Twitterに自動投稿するプラグイン「PostTwiOAuth」を導入してみました。

ウチのMTOSは4.2○ですが、とりあえず以下の作業で問題なく導入できましたので、作業内容を記述します。

プラグイン

ZIP形式をダウンロード

解凍をして「plugins」ディレクトリにある「PostTwiOauth」をディレクトリごとMTOSアプリケーションディレクトリ直下の「plugins」にアップロードします。

PostTwiOauth内「retweetmaker.cgi」のパーミッションを705等の実行形式にします。

アップグレード

管理画面にアクセスするとアップグレードが開始するので、「アップグレード開始」をクリックします。

サインインの画面が出ますので、ユーザー名、パスワードを入力後サインインします。

アップグレード完了すれば「アップグレードを完了しました!」と表示されるので、「Movable Typeに戻る」をクリックします。

管理画面

システム管理画面の「ツール」→「プラグイン」で「PostTwiOauth」が表示されていればインストール完了です。

設定をクリック。

「Register an Application」をクリックします。

登録申請

  • アプリケーションのアイコン:無記入
  • アプリケーション名:Applausia weblog using PostTwiOauth
  • アプリケーションの説明:Weblog更新時Twitterに自動投稿
  • アプリケーションのウェブサイトURL:http://www.applausia.com/
  • 所属会社/団体:無記入
  • サイト:http://www.applausia.com/
  • アプリケーションの種類:ブラウザアプリケーションを選択
  • コールバックURL:MT管理画面プラグイン設定において、PostTwiOauthプラグインの設定画面に「Callback URL」として表示されているURL
  • Default Access type:Read & Writeを選択
  • Twitterでログインする:チェック

ちなみにアプリケーション名は、既に利用されている名前は使えませんので、適当な名前を付ける必要があります。

キー

保存すれば「Consumer key」と「Consumer secret」が取得できます。

変更を保存

「Consumer key」「Consumer secret」「Callback URL」をプラグイン設定画面に入力して、「変更を保存」をクリックします。

アクセストークン

プラグイン設定画面の「Get Access token」をクリックします。

許可する

ツイッターの接続要求画面にいきますので、「許可する」をクリックします。

成功

成功すれば、Movable Typeの管理画面に戻り、「Get Access Token Success!」が表示されます。

やれやれ、ここまで来ればあと一息。

「Back To Plugin config」のリンクをクリックします。

テスト

プラグイン設定画面の「Get Access token & Twitter Screen Name」がすべてOKになっていることを確認できます。

それではテストをしてみましょう。

「Test post with your OAuth token」をクリックします。

テストツイート

テストツイートに成功すれば、次のような画面に移動します。

bit.ly

最後に短縮URLサービスのbit.lyを設定しましょう。

以上で完了です!


このページの先頭へ